dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

PLACE2019に行ってきたよ@恵比寿LIQUIDROOM

IQ兄弟
世直しブッダ
グッドタイムコミュニケーション
さらばピニャコラーダ
幼なじみ
スペシャルナンバー
運命の人へ
フリーハンド
わけあり
愛のかたち
HANABI
シチューが飲みたくなる歌
言葉以上に
君という花
コンパス
ピーターパン・シンドローム
今ココにあるもの


EN
吠える犬と君
アンサー


EN2
ことばさがし


もともと10月12日(土)に予定されていたライブでしたが、
台風で流れ、本日2020年1月3日(金)に振替公演がありました。


私が最後にサウスケのライブに行ったのは
解散公演の時で、2006年だったんですね。
コワッ。14年も経ってるんですけど。
今日のライブが終わって、解散ライブどんなんだっけ~と思って
記事を読み返したんですが、テンションがおかしくて、
我ながら震えました。
コレ……、だいぶやばいな……と思いましたね。
まあ、今やまったく覚えてなかったMCの内容とかも書いてあったので
恥かしさには目を瞑ろう、うん。


脱線しましたが、14年経ってもサウスケはやはり素晴らしかったです!!
ポルシェに乗ってても!
明後日で40歳にも関わらず、歯磨き粉を口につけたまま10曲くらい歌ってても!
サウスケはあの頃と変わらないままそこにありました。


もちろん、みんな年を取って、
沖君が円滑にトークに参加されてたりだとか(印象の問題かも)、
川原君のドラムが走らなくなってたりだとか(印象の問題かも)、
バンドの雰囲気がまろやかになっていたりとか、
細かくは色々あるんですけど、
ほんとに再結成してくれて良かったなあ~~~と今頃思いました。
なんかタイミング合わなくてずっと行けなかったんですよね。
また来年、じゃなかった、今年も行きたいな。


あと記憶に残ったこと
・公共放送ではおしゃべりクソメガネにされる
・沖「社会人になると、何か一瞬にすべての力を注ぎこむことがない」
・沖「なので、こういう場があるのはほんとに幸せなこと」(超省略)
・大石「愛のかたちにも関ジャムで言った禁断のコード進行が入ってた」
・沖「ためになったねえ~」
・大石「もう中学生どころかもう40や!」
・大石「椎名林檎さんの正しい街にも使われてる」
・川原「禁断のってもともと言ってたのは、コードに詳しかった石坂くん」
・大石「ピニャコラーダの近づいてくとこ、あと5年もしたら」
・大石「キスしちゃうんじゃないかっていう距離。ダチョウさんみたいに」
・沖「ヤー」(ダチョウ倶楽部の真似)
・大石「路上ライブしてた頃、川原父のセダンでアンプ運んでた」
・大石「謝りたい。俺何十年かして息子にポルシェにアンプ積むって言われたらやだもん」
・大石「今まで作ってきた曲全部いい曲だと思っている」
・大石「それを一番いい形で演奏できるのがこのバンド」


あと、大石はやっぱり自分からバンドやめたいって言ったこと気にしてたんだな。
再結成したものの、自分が最初に抜けたがったのに…という罪悪感はめっちゃあったそう。
でもそれをMCで話して笑ってもらえるようになったんだなあ、とのこと。
たぶんまだほんとは気にしてそうですけど、少し払拭されてきたんかなーと思いました。


あとびっくりしたのが客層ね。
私の印象だと、割とギャル系(?)のお姉さんが多い印象があったんです。
それが、今日は老若男女いたよ!!!
男性客も幅広くいた!
サウスケ本人たちも「君たちどこから湧いてきたの?」って言ってましたね。
(男子のメガネ率高いな!とも言ってた)


下積み時代は、200人キャパのところでもサウスケ×3くらいの人数で
やってたこともあったそうで。
そのころ、唯一男の子(しんちゃん?)で来てくれてた子がいたっていう話もして、
沖君が「へー(棒)」って返してたような気がします。(おぼろげ)


昔から応援してくれてる人もいるだろうけど、
同じ人が参加してるライブは二度となくて、
今日初めて来てくれた人もいて、
それがつながって、良いPLACEになっていけばいいな
といった感じのことを大石が言ってました。


サウスケ楽しかったなあ。Blu-rayで歯磨き粉見るの楽しみだなあ~。
なお、17時開演でダブルアンコール含めて19時半頃に終了しました。