dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

LIVE TOUR 2018 "帰ってきた!!三日月ADVENTURE"@横浜ベイホール

ベイホーーーーーーーーーール(タマホームテンションにて)


中華街で肉まん買って、食べながら歩いていきました。
横浜の海沿い、ほんと寒ッ。
ベイホールは初めて行く会場だったので、なんとなくてろてろ歩いて行ったら
結構時間がかかりました。(肉まん食べてるからだよ)


隣のモンベルに若干の違和感を覚えつつ、なぜか今回はとても遅い
整理番号のチケットを手に中に入りました。
内装は噂に聞くとおりで少しレトロな感じ。
今回の初日は、志村最後のステージを一緒に見た友人と参加したので、
赤い階段が新宿厚生年金会館を思い出させました。
シャンデリアとミラーボールもあったよ!
そして否が応でも目に入る太い柱たち…………(; ・`д・´)


私の遅い整理番号ではどうやっても
4人を視界に一度に収める場所は確保できませんでした。
ついでに愚痴ると、前の女性が横揺れタイプだったので、
完全に片目での視界になることも多くてストレスフルだったです。(片言)


しかしですね、あ、長くなりそうなので畳む。




しかしですね、柱の向こうから身をひょいっと乗り出して
スマイルしてくれる加藤さんを見ることができて本当に
「ありがたや…」と仰ぎたくなりましたね。


さてさて、久しぶりのアドベンチャー
恒例の帽子投げなどもありつつ、会場の小ささからか、
なんとなくアットホームな雰囲気が漂います。


そして一曲目がまさかのモノノケハカランダ!
きゃー!(心の声)
さらにカンヌの休日と来て、Sugar!!ですよ!
Sugar!!を聞くと手拍子せずにはいられない体です。
好き。


そして久々…というか聞くのは2回目の熊の惑星です。
私が前回この曲を聞いたのは、徒然流線ツアーの横浜BAYSIS会場でしたが、
やっぱり横浜=中華という感じで今回もセトリに入れられたのでしょうか?(笑)
今となっては加藤さんらしさ溢れる感じだと思いますけど、
初めて音源でこの曲を聞いた時はびっくりしましたね。
志村の歌詞にもですけど、若者のすべてとの落差にもびっくり(笑)
ともあれ、今回また横浜で聞くことができて嬉しかったです。
(加藤さん本体は、延べ1分くらいしか見えなかったけど。)


スワン、マボロシの街あたりはとっても心地よかったです。(さらり)
そしていよいよ、総君が壊れ始めます…。
Jスポーツのテーマソングに起用されたお話。


総「イチローがね、あのなんていうの?真ん中らへんに大きく当たる…」
総「ぼく野球わかんないんですけどぉ」
ダ「おまええ!」
総「いやっリアルタイムで見てたんですよ?志村君と二人で見てて」
ダ「お前!テーマソングさせてもらってて…勉強しろ!」
総「このツアーで勉強します」


こんなような感じのやりとりがありまして、
志村の話がさらっと出ることに嬉しさを感じるおよそ1000人。(たぶん)


で、Sugar!!以来だけど、あの頃から伝えたいメッセージっていうのは
変わらないので、「全力で走れ」っていう歌にしたかったということで
「電光石火という曲です、聞いてください」と新曲に入る流れだったんですが、
ダイちゃんが「ほんとにやる?やってもいいですけど?」てな反応で
一曲飛ばしていたことが判明(!)。


「ゆってよ~~~~!!!////」という総君に対して、
実はダイちゃんと加藤さんはアイコンタクトで
「一曲飛ばしそうな感じだけどとりあえず続けさせてみよう」という
会話をしていたそうです(笑)
私はそのアイコンタクトに全然気づきませんでした。


で、結局、どっちやるどっちやる?みたいになって、新曲を先にやることに(笑)。
ダイちゃんのばたばたっぷりが見えたのですが、
さすがプロだなあと思いました。(総君以外)
新曲の記憶がこのやり取りのおかげであまり無くなってしまったんですが、
アップテンポで明るくて、確かに野球のハイライトとかで流れるのに
いい感じかなと思いました。(感想文)


そのあとは総君も自分でショックだったみたいで自信を喪失していましたが、
(何回もいろんなタイミングで変な溜息ついてた)
電光石火の後のかくれんぼ、これほんと良かったです。
ファブアコで聞いて以来、ちゃんとライブで聞くのは初めてでしたが、
なんだろう、丁寧な歌と演奏にしびれました。


最近ではもう総君に対して「歌が毎回毎回ほんとに上手になって…!」みたいな
そういう感想を持つことは無くなってきていたんですが、
この歌を聞きながら、総君が歌を歌ってくれていて良かったなとしみじみ思っていました。


そして次はMCで総君が雪の話。
「みなさんこないだの雪大丈夫でした?」
「雪だるま作った人~!?」
(何人か手をあげるもののおそらく柱で見えず)
「って作らないよね~~。僕も作ってないんですけど~~」
ていうこの小悪魔。小悪魔め!の流れから春の雪です。


そうそう、今回はサポートドラマーがBOBOさんではなくて、玉田豊夢くんでした。
とむくん…って、総君呼んでましたが、フジファブメンバーより結構年上じゃないですか?!
なにそのジャニーズみたいな……先輩は君付けするみたいな…?!(たぶん違う)



私の位置からは何も見えませんでしたが、
MCや演奏から誠実さが伝わってくる感じでした!
MCで総君も言ってましたが、LIFEでお世話になってるんですね。
調子に乗った総君が序盤で「ただいま~」って言ってたんですけど、
「僕初めてなのにおかえりとか言ってもらっていいのかなと」的なお話を
されていましたが、そういうのたぶん総君のMCを見てたら
気にする必要ぜんぜん無いなって最終的には思われたことと思います。


ちなみにBOBOさん、すごいとこにいた。バングラデシュ



Splash!!とか炎の舞とか、まださっきの失敗を引きずっている総君がいましたが
(結局最後まで引きずる)
これまたとても良かったです。
Splash!!の前とか「いきなり激しい曲やるからドキーン!てしないでくださいね」と
お気遣いもいただきましたが全然大丈夫でした。


完全に余談ですが、私が人生でいちばんドキーンとしたのは、
高校2年生の時に高校3年生の卒業式の予行に参加した際、
舞台の幕が開くと同時にジャーン!と流れた校歌でした。
(2番目にドキーンとしたのは、氣志團GIGのクラシック調のワンナイイントロかな。)


しかし心臓にやさしいと見せかけて、そうじゃないのがフジファブリックですよ。
もうどこのタイミングだったかさっぱり覚えていないんですけど、
「今回のツアーが2月3日の節分にスタートっていうのもわかりやすいでしょ?
アドベンチャーだし」という総君に対して、「???」となる場内。
「節分といえば鬼退治…」とさらに言い募るも伝わらない。
ダイちゃんは的確に「鬼退治っていうと桃太郎でしょ」と会場の気持ちを
代弁してくれます。
「じゃあえっと…鬼は外、福は内なわけで…鬼というモンスターを倒す…」と
頑張ってたけど、結局私にはよくわかりませんでした(笑)
首をかしげるダイちゃんと加藤さんが我慢できずにこしょこしょ話をしたのはここだったかな?


総「何話してたの?!マイク通してよ!」
ダ「いや、大丈夫だねって」


ていうやりとりのあたりからなんかもう総君てほんと
フジファブリックの末っ子だなーと思ってみてたんですが、
最終的にもうMCがグダグダになってしまった総君が、
「もう代わりに話してえええ(><)」って加藤さんに泣きついたところで、
ハートを撃ち抜かれた女性たちを多数目撃しましたよ私は。
あれ、あの人ってもう36歳くらいじゃなかったっけ…
かわ……いや、言うまい。


さ、曲の話をしましょう。
打ち上げ花火ですよ。2015年の日比谷以来ですね。
昔の曲をやってくれる時はいつも、つい棒立ちスタイルで見てしまいます。
真剣です。


久々のTAIFU、銀河、夢見るルーザー、星降る夜になったら、夜明けのBEATと続き、
あれ、これフェスだったっけ?ってくらいのゴージャスな盛り上がりでした!


アンコールでは、豆まきが(笑)
総君はちゃんと鬼のお面かぶってましたね。
久しぶりの物販「ってあーーーー!」をダイちゃんがやったりとか
総君がTシャツお気に入りの話とか、
加藤さんの俳優デビューのお話&再現があったりとか。
1/365も早く音源で聞きたいなと思うところであります。


来年はフジファブリックのデビュー15周年ということで、
今回のツアー初日はそれに向けたスタートという位置づけで
弾みをつけていきたいと語っていた総君。
なぜか今更のあけおめことよろもありましたが(笑)、
15周年に向けて良いスタートを切ったと思ってほしいところです。
本人は「俺が言うのもなんですが、今日大勝利じゃない?」とか言ってたので
たぶん大丈夫!


最後にSTARです。
今回見てて、まるで最初からセンターにいたかのような総君がとても頼もしく、
ここまでの道のりがあったからこそ、
こんなに力強くてタフなフジファブリックができあがったんだなと思いました。


記事が消えてしまって悲しいのですが、
以前「俺たちいつでもただのバカ」のいとさんが、STARのタイトルについて、
「目指すべき星」や「START」、そして「いなくなってしまった人のこと」などを
連想させる良いタイトルだと書かれていて、
(すごい盛大な記憶違いがあったら申し訳ありません;)
本当にSTARに込められた気持ちっていうのは膨大なものがあるなと、
演奏を聞いていてまたこの曲の大切さを感じました。


フジフレパもいつの間にか5周年とのことで、5公演もあるとか!
「楽屋のドアがいつも閉まってる僕らも友達が増えてきた」ということで、
「みんな絶対好き」なお友達が誰なのか、楽しみですね^^


今回のツアーも、同じセットリストは一度としてない!たぶん!とのことなので
1回しかやらないあんな曲こんな曲があるんだろうな~~~いいな~~~~。


では、徒然なるままに推敲も無しに終わります。
また次のライブが楽しみ!(今のところ未定だけどダイバーシティ行きたい!)