dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

フジファブリック LIVE TOUR 2017 "STAND!!" @Zepp Tokyo 2日目

STAND!!ツアーの最終日に行ってきました!
相変わらず、記憶があっちへ行ったりこっちへ行ったりで、
文章としてまとめる気がない。
ので、畳みます。

1 FREEDOM
2 Green Bird
3 SUPER!!
4 ALONE ALONE ALONE
5 Splash!!
6 プレリュード
7 陽炎
8 have a good time
9 炎の舞
10 COLORS
11 the light
12 流線型
13 夢みるルーザー
14 徒然モノクローム
15 夜明けのBEAT
16 ポラリス
17 Girl!Girl!Girl!

En1 カンヌの休日
En2 銀河
En3 STAR


舞台上に薄い幕がかかっていたので、何か映像が流れるのかなあと楽しみにしていたら、
FREEDOMの歌詞が次々現れては消え迫って大きくなったり
溶けたりして消えていく、という形で使われていました。
フジファブリックの今までのライブにありそうでなかった演出。
なんだかちょっとSupercarみたいで、心地よくたゆたう感じ。一曲目から浸れました。
STAND!!ツアーの一曲目にふさわしいね!


幕がかかったままGreen Bird。
サビでは白い鳥たちが羽ばたいていましたが、
最後のサビでは鳥さんだけが緑色に…!Green Bird!てな感じで。


そして3曲目のSUPER!!
STAND!!の文字が出てバッとスクリーンが外れました。
総君のこの日の髪形好きーーー!
サラサラつやつやしていて、この35歳男子やばいな、と思いました。
SUPER!!もサビがキラキラしていて、ライブで見るとほんと良い曲だなあ。
(前回のアコースティックライブではBOBOさんのトラブルが気になって仕方なかったし!)
ツインギターもやっと見れましたが、ほんとかわいいです^^
総君とダイちゃんが並んでネックをリズムに合わせて動かしているところとか
ほほえましかった…!
あとサイズ感の違いがこれまたほほえましかった…!
総君てたまにダイちゃんにお兄ちゃんぶるよね!
それを許してくれているダイちゃんが真のお兄ちゃんだけどね…!


ついでびっくりのALONE ALONE ALONE。
私これけっこう好きな曲です!
そして続けてSplash!!で畳みかけてきますね!


免許は3人とも持ってるけど車は誰一人持っていないという
「ゆゆしき事態…いや、別にゆゆしくはないか」と語る総君w
「ドライブにぴったりな曲ができたので聞いてください」と。
プレリュードは後ろの映像にくぎ付けになってしまいました。
鍵のシルエット映像とか、外国の道路をドライブする映像とか。
ちょうどもうすぐ自分の車が新しくなるんですけど、
これはドライブしながら聞かねば…と思いました^^
そして「左へ右へハンドルは」のところ、ちゃんと映像も左、右になってて
えらいなーと思いました。


空気がほっこりしたところで、急に陽炎きました。
なんていうか、今回は特別感なく聞けたなあ。
一緒に行った友人の話だと、周りに泣いてる人結構いたらしいですが、
私は今回は涙は出なかったです。
志村がいたときも、四季盤が聞けるとテンション上がったんですけど、
今回も同じような気持ちでした。
そしてアウトロ最高な。


でも、陽炎を今回聞いてて、フジファブリックがほんとに今日までずっと
続けてきてくれて良かったなあって噛みしめてました。
一人減っていて、同じように曲を聴かせることってたぶん大変で、
でもいろんなインタビューでも話をしているように、
「昔の曲」にせずに、今も生きている曲にしてくれてるのは
三人のおかげなんだよなああ。ありがとうううう、という気持ちになりました。
もうなんだか感謝の正拳突ができそうな勢い。


んでなんか「言葉では言い表しにくい曲」という紹介で
have a good timeきました。
これはもうクレジット見なくても、「うん、加藤さんだね!」という
感じがする曲ですね。
生で聞くと、酩酊感が結構気持ちよかったです。


ほんで、仮題が「イエロー」の「炎の舞」。
三人でイエローさんたち(!)のライブを見に行ったそうで、
総君がそのライブにインスパイアされた曲を、
曲出し会にウケ狙いで持って行った曲とのこと。


今回、照明の関係かなあとか思ったんですけど、
メンバーの配置が横一直線で、左から金澤・山内・加藤・BOBOだったんですね。
ガチの横並びです。横並んで始まったダンスにだって見えちゃう。
ひょー!BOBOさんが前におるー!とテンションあがったんですけど
いかんせん私ダイちゃん側だったんで、そんなに恩恵(?)にはあずかれませんでした。
でも、前に出てきたことでいっぱいしゃべってくれたよ!


BOBOさんによるイエロー語りによりますと…
曲出し会で勝ち抜いてきた曲たちがBOBOさんにメールで送られるそうなんですけど、
最初は特にインスパイアには気付かなかったそうですが、
サビまで来たら、「え、これ大丈夫?」となったとか(笑)
でも、STAND!!のアルバムに入って、ツアーでもやって、
お客さんにも喜んでもらえて、もうインスパイアされてできた曲じゃなくて
本物になったね、と言ってくれてました。


加藤さんは今回、どこの曲か忘れましたけど、
珍しく煽って来たんですよ。
「おお…!」と思ったんですけど、それが何でか、
このメンバー紹介コーナーで判明。


「なんだか僕、今日元気がいいと思いませんか?」と突然のフリw
初日が金沢で地元で、テンションが上がってしまい、
そこから次のライブで下げるわけにもいかず、ずっと高いままなんだとか。
加藤さん律儀……でもその気持ちもわかる(笑)


ダイちゃんのとこは、やりとりがちょっとかわいかったです。
総「ダイちゃんなんか言い残したことない?」
ダ「今日は帰りたくない」
総「笑 帰りたくないの?」←言い方やさしい
ダ「うん。朝まで」
総「飲み会で一番最初に帰りたがるのあなたでしょ」
っていう。
(ちなみに、実際の流れはダイちゃん→BOBOさん→加藤さんです)


そんなゆるっとやりとりをはさんで、
後輩のミュージシャンと、デビューしたころの青い気持ちをずっと持ち続けているのって
難しいという話になって、総君は「そうなのかなあ?」と考えて、
フジファブリックはずっと思ってることは変わらないなあって思って
その変わらない青さを曲にしたのがこれです、ということでCOLORS。
miniminiのCMでも使われてるやつですね。
じーんとしますね……。
つい、「明日を(志村と)夢見たことを」とかって考えてしまう。
CM見ながら。


そしてthe light。
これまたひどくダイちゃんぽく感じられる曲。
聞き入って眠くなっちゃう。
ダイちゃんの曲って夜が感じられるからかなあ。


流線型、夢見るルーザー、徒然モノクロームは、
ライブでやればやるほど好きになって、良くなっていく気がしています。
夢見るルーザーなんて特にね。赤レンガで聞いた時よりすごく進化している!


あと、言いたいところは、夜明けのBEATかな。
サビの半音上げが今回から無くなっていた…!衝撃。


ポラリスもライブで聞くとほんとにキラキラしていて好き…!
ちょっと脳裏にあのダンサーさんたちがちらつくけど…!
Girl!はアルバム順ですね。
これが最後の曲とは信じられないくらい、あっという間の本編でした。




アンコールの三曲。
カンヌはやるだろうなと思っていましたが、
ライブで聞いたほうがやっぱり良いですね。
しっくり来るし、とてもかっこいいです。
サビは総君よく平気で歌えるなあと感心しました。
そしてベースかっこよす。コーラスもかっこよす。
ラストで、拍手フライングした人も結構いたんですけど、
「フライング~(指さし)」と女子高ノリなヤマソウがいました。
「でも照明もちょっとフライングしてたよね。」とフォローもしつつw


銀河はなんだか久しぶりに聞いたような気持ちでしたが、
去年のフレパ以来かな?
そんな久しぶりでもなかった!
ギター弾くヤマソウをじっと見つめつつ、やっぱ今日は特別かっこいいな…と思う私。←
総君がステージ真ん中で背面弾きしてるときに、
一緒にキーボードをがんばって背面弾きするダイちゃんと
それを見ながら楽しそうな加藤さんが素敵でした。


そして最後はなんだろうと思っていたら、STARでした。
この曲は本当にこれまでのフジファブリックを牽引してきてくれた曲だと思います。
いろんなことがあって、たぶん壁と感じるものを乗り越えてきたフジファブリックが、
何度でもここから始めるんだという気持ちで歌ってるように感じられるこの曲。
最後の一曲としてとても刺さりました。


なんていうか、トリッキーなこともなく、シンプルすぎることもなく、
フジファブリックの地力で楽しませてもらったライブでした。
「ここが!」とかじゃないんですけど、全体通してほんと良かったです。


最後挨拶の時も、BGMで流れるStand by meに合わせて皆で
指パッチンしながら出てくるのも面白かったですね^^


そして次は追加公演。
いよいよ中野だぜ…!!
ちょっと緊張しますね…!



instagram.com


今日のヤマソウのおもしろ発言たち。(どこで言ったかは忘れた)
「珠玉の名曲たち」
「幸せ者バンド、フジファブリックです」
フジファブリック人生」