dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

フレパ二日目に行ってきたよ@Zepp Divercity Tokyo

直前まで仕事の都合がつくかわからなくて
行くか行くまいか全然決まってなかったんですが、
無理くり終わらせて急きょ行くことにしました七夕ライブ!


一番の理由としては、


「ないものねだられたら困る」


だったんですけど、ないものねだられなくてほっとしたような残念なような。


以下たたみます。



KANA-BOONセットリスト
01 なんでもねだり
02 机上、綴る、思想
03 1.2.step to you
04 結晶星
05 クローン
06 ウォーリーヒーロー
07 盛者必衰の理、お断り
08 フルドライブ
09 ないものねだり
10 シルエット


セトリはTwitterからの拾いものです。
結構知ってる曲をやってくれて楽しかったです。
あとギターの方がなんか「theギタリストやでえ~」っていう感じの
立ち振る舞いをされていて(個人の感想です)、
バンドっぽいなあ~と思いました。


単体で見るとわかんなかったですが、
フジファブリックと並んだときなんかみんな「ちょんっ」てしてて可愛らしかったな。
後輩っぽい佇まいで手を前に組んでて^^
あとはMCがちゃんと地面に足がついてる感じがした。←


盛り上がる曲ばっかりで、こら楽しいわ~と思いながら満喫。
ないものねだりの「ゆらゆらゆらゆら君の心を~」とかのあたりでC&Rして、
「フレフレフレフレフレフレフレンドパーク~」とか
「フジフジフジフジフジフジフジファブリック」とかやってくれて
にゃはっとなりました。


あと全体的にゆるいかで聞いた時よりもほんわかした印象でした。
あと曲間のお客さんの声援が多かったな~。
「こいちゃんカワイイー!」とか。
その流れで、


「さっきからお客さんで”たかゆきー!”言ってる人いますけど、そんなメンバーいませんw」
「たかひろですw」


ってのが笑えたんですが、まさかのちにこれをフジファブリックが使ってくるとは…!

フジファブリック
01 虹
02 Surfer King
03 星降る夜になったら
04 ポラリス
05 Green Bird
06 Sugar!!
07 夜明けのBEAT
08 バタアシParty Night
09 TEENAGER

En10 銀河 with鮪くん
En11 STAR

以下思い出した順に箇条書きで。


総「いや~カナブーンいいよね~。あ、カナブンちゃうよ、あの虫の。
  カナブーンね。ボカ~ン!って感じでいいよね!」
ダイ「虫じゃないほうのね」
総「そこは触れないで欲しかったな…」


KANA-BOON VS キュウソネコカミ!みたいなさー」
「VSでやったら99%負けちゃうから」
っていつもそういう言い方するよね。かわいいけどね。


めしだ君が家に来たことあるという加藤さんに「マジでっ!?」と本気驚きする総&ダイ。
ベース飲み会終わって始発待ちで一人ぽつんとしてためしだ君に「うち来る?」
ということがあったという加藤さん。
・・・・・・・・・・・。
いやそんな、言われたいなとか思ってないですよ。ええ。
「すでにフレンドだったんだ…」と総君。



虹で一曲目から煽る加藤さんを目撃。
これが対バンの魔法…と思いながらきゅんする。


「みんなで空を持ち上げよう~!」という総君。気持ちよさそう。


なんか対バンが10歳くらい下のKANA-BOONだからなのかわからんけども
妙に大人の余裕というか、どっしり感というか
そういうのがあった気がします今回。
総君妙に男前だった…!(遠目)
ただし前髪は重たくて目が良く見えなかった。(遠目)


この妙などっしり感のおかげで、歌い始めたころの総君を思い出し
その成長ぶりをつぶさに見てこられたこと自体に思わず感謝の念が芽生える。


Surfer Kingの手を横に振るところで
一糸乱れぬ動きを見せた観客に向けて
「めっちゃきれいにそろってる~」とうれしそうな総君。
すぐには歌わずちょっと眺める。
もう今となっては総君はなんでも歌いこなせるけど、
Surfer Kingはなんか合ってる気がします。


KANA-BOONの声援の多さに対抗してか、
妙に曲間を長く取るフジファブリック。(偏見)
察したお客さんたちからいっぱいの声援。
最後に男の人が「がどう゛ざ~~~~ん゛」というだみ声声援をしたのを受けて
総「そんなメンバーうちにはいません(キリッ)」
加「おるわっっ!」←今日はなぜか端々に関西弁がまじる加藤さん


セトリは七夕仕様。
星にまつわる歌多いなーフジファブリック
いいよねえ。
星にまつわる曲をやりますということで星降る、ポラリスと。
星降るの「西から東へと」で一緒に指を動かすお客さんの多さに
ちょっと笑顔になる総君。


「覚めた夢の続きに期待をしてる」
「輝く夜空の下で言葉の先を待っている」
って歌詞いいよね。


今回、特に目から鱗だったのはポラリス
KANA-BOONに負けぬきらめきを放っていた。
続けてのGreen Birdとも合わせて、
ほんとにフジファブリックっていつのまにかこんなにも大きく羽ばたいていたなあと
なんかグッと来てしまいました。
最後のコーラスのダイちゃんも良かった。上向いて声切るのが良かった。


Sugar!!は、かつてKANA-BOONがコピーしていた曲の1つとのこと。
ないものねだりやったらどうしよう、と思ってたけど、杞憂に終わりましたね。
この前の三日月でも聞けたので、なんかすっかり馴染んでます。


夜明けのBEATは、背面弾きをいつもより丁寧にきっちり、ばっちりやってた感じ。
そっからバタアシ。ろんでんろんでん。
やる人の多さにびっくりしました。
ぴかぴかショルキーも案の定登場しました(笑)
噂によるとKANA-BOONファンをも虜にしたとか!?


そして最後のTEENAGER……!
始まった瞬間、衝撃のあまりのけぞってしまいました。
ひゃああああっとテンション上がったのに、ヤマソウがもごもごして
一言目にして速攻やり直しになってました(笑)
そしてやり直したけど歌詞シャッフルされてたような。
♪どっかにスリルはないかい 危険なところでハラハラ~
って言ってた気がする(笑)
久々の、合いの手の拍手のところ気持ちよかったな~~~。
あ~~~~ほんと好き~~~~~~(ごろごろごろ)
おなかはコーラでいっぱい、のところぽんぽん抑えてた総君かわいあざとい。(どうでもいい)


アンコールの銀河は、緊張で朝から胃が破れそうだという鮪君を呼んでのセッション。
志村パートを演奏する鮪君と、かつてと同様ギタリストとして演奏する総君。
ぐおおおおおおとうめきたくなったと合わせて、鮪君ありがとうと思いました。
でも彼の緊張も伝わってきた^^
そういう風に緊張される先輩になったんだなあと、
後から総君も言ってましたけど、感慨深いですねえ。
時の流れがそうさせるとはいえ、それだけの時間、3人で続けてきてくれたんだもんねえ。


最後はSTAR。
やればやるほど厚みが増してくなあ。
終盤の「飛び出すのならここからだ」のお尻のキーを上げた総君にまたきゅん。


最後の挨拶の時に短冊がいい感じに付いた笹を手に持ってきたダイちゃん。
それを見て
総「それなんやっけ、笹じゃなくて」
(短冊が付いた笹のことを言いたいんだな…)と思いつつ見守ってあげる空気のお客さん。
総「た、たんざく…?」
って言ってた総君がなんか相変わらずで和みました。
言いたいことはわかるんだけど片言すぎる(笑)


GPSの話やらないものねだりの話、
ダイ「ヤマソウちゃんは芸能人とかすぐ気づいて”あれ誰誰やで”って言う」
総「その呼び方はじめて言われた…!」とか
なんかちょこちょこ面白かったです。
ショルキー持ってステージ横断して加藤さんのマイクを奪うダイちゃんとか
しょうがなさげにちょっとセンターにずれてあげる加藤さんとか。


急きょ参戦したライブでしたが、ちゃんとパイセンやってる男前なフジファブリック
見られて良かったです。
チェックインとふくびきができなかったことだけがちょっと心残り!