読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

CDJなど

フジファブリック


今年もまた12月24日を迎えましたね。
メンバーも富士吉田にお墓参りに行ったそうで、
白い百合を持った総君を見かけたとの話もありました。
「総言うわけで」でも更新してくれたことに少し驚きましたが、
5年という短いようで、長い時間が過ぎたんだなと思いました。
そして個人的には、志村の歳を超える日が
また近づいてきたなあと思う一日でした。


さて、今年もCDJ行ってきました。
フジファブリック、良かったですよ〜。
総君のMCはなんかテンションおかしかったけど(笑)
急にシャドーボクシングしたりとか
相変わらずの「だぜ」とか。
朝礼で渋谷氏が、5年前のCDJトップバッターの話に触れて
なんか全部言われてしまった感もあったんですけど(笑)、
ちゃんとステージに立って演奏できたことが
とても良かったなと思いました。
皆そろってることって当り前じゃないからね〜。
BOBOさんと名越さんもいて、安心なステージでした。


曲の感想としては、
efil聞けるとは思ってなかったから嬉しかったのと、
あと若者のすべてですね。
総君、ほんと大事に歌ってるなと思いました。
志村の歌い方をなぞるようにきれいに歌ってた。
また歌声ののびやかなこと…。良かった。


これ聞いて、あとJAPAN2月号のOPINIONも読んで、
「ギタリスト然とした山内総一郎」はいつの間にか
歌うたいになってたんだなあと、改めて思いました。
ギタリストらしい総君のこと、すごく好きだったから
これまでどこか応援しきれない気持ちが
ひょっとしてあったんじゃないだろうかと自省するんですが、
この前の武道館も踏まえて、いつの間にか総君は
「ギタリストが歌ってる」っていうんじゃなくなってたなあと。
そんなことを思いました。
(前も書いたかもしれない)


あとCDJのクイックレポートとかは、
ともすればやたら感傷を煽るようなこともあるけども
(実際泣いてたお客さんもいたんですけど)
(レポ読んで泣けたと言ってたお客さんもいたんですけど)
なんていうかなー、武道館後だからかな、
とても明るい雰囲気だったと思います。
ステージで志村の話とかもできてたし。
歳月の流れを感じました。良い意味で!!


CDJのことはまた別途適当に覚書かこう。
サンフジンズ見るの忘れた。



……って今日大みそかでした!!
今年も一年ありがとうございました。
良いお年をお迎えください!





そして最後の最後までどうでもいいけど、
こないだのツアパンようやく読んだんですが、
総君の「兄弟の契り」というところに笑った。
バンド組むのにそんなやくざみたいなんあるかー(笑)