読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

三人の若者と六人のおじさんのすべて


渋谷AX行ってきました!
ついたのが6時50分くらいで、ロッカーが全部埋まってた!
冬場のロッカー占拠率の高さをなめていた!


ということで、荷物を持っての参戦になってしまったわけであります…


でもフジファブリックもすごく良かったし、
氣志團の良さをも再確認した!
そしてフジファブリックは金曜日もあるからね…(にま)
エンジンかかってきた感じです!


とりあえずレポをあげたいと思いますが、
今日間に合わなかったのでまた時間ができたときにでも、
ぺいっと追記したいと思います。(←12/31追記したった)


それにしてもあのTシャツ欲しすぎる…
http://www.kishidan.com/extra/111212/index2.html





入ったらちょうど小芝居が始まったところで、
きこちゃんとしーちゃんとダン君がステージ上に!
(この三人久しぶりすぎて名前が最初きこちゃんしか思い出せなかった)
紫混じりのオレンジ組という言葉も久々に聞きました(笑)


しーちゃんはいつの間にかフジファンになっていたという設定。
ダン君だったと思うんですが、
フジファブリック、略してフジック
と言ってたのがツボに入りました。
しーちゃんが
「マジシャンみたいじゃん!そこ略しちゃう!?普通にフジでいいんだって」と
客席の代弁で突っ込み。
わたしもこれからしばらくフジックと呼ぶかもしれません。
ダイちゃん人形。


んで、フジファブリックの登場です。


最初はSTARからだったんですが、
ずっと正面からスポット当たらなくて、顔がずっと見えませんでした。
でもそんな中、総君がメガネをかけていることがわかって
ちょっとテンションがあがる。
次の曲はたしかスワンで、さらに夜明けのBEATで畳み掛ける。
その後MCという感じだったんですが、
なんかブレザー着てるせいか、さわやか感がハンパなかった!
そして総君はやっぱりコボちゃんだった。


あとやった曲は、Splash!!と地平線を越えて(!)。
で、ECHO。
総君ほんと歌うまくなったよなーとしみじみ。
やっぱりセンターマイクになったからか、
バンドにもどっしり感がありました。


あとは氣志團の曲のカバーで一番星。
「こんなひ弱な僕たちが!」て総君が直前のMCで言ってて
(たしかに)と思って笑いました。
アレンジがフジファブリック風になってて興味深かった。
ランマも喜んだかなあ。
アラモルトだかの帯書いてくれてたもんなあ。


そして君は炎天下、TEENAGERと続けてやって、
(TEENAGERで終わりかと思った)
アンダルシア、TAIFUでひとまずフジターン終わり!


私にとってはワンマンが楽しみになる前哨戦でした〜。





そして氣志團
モテキング、フジファブリックに勝てるのか!?」みたいな
あおり(陰アナ?)があって笑えたんですが、
ダン君が金澤コスして登場したのには大爆笑でした。
氣志團てほんと見てて楽しくなるから大好きだなーと思いました。


氣志團は房スカ→ゴッスピまでは覚えていますが、
その後は全然覚えてません。
愛の差じゃないよ!真剣度の差だよ!


クォーラルボンバー、キラキラ、俺土、
オールナイトロング(らんまあああ!)、
Baby Baby Baby、恋人、ワンナイ、MYWAY……


そんな感じの曲をやりました!


あとは個人的HIT POINTSをば…


●「フジファブリックの富士をカタカナにしたらって言ったの俺
●客席に↑信じてもらえない團長
●トミーに慌てて同意を求める
●「ちょうどフジファブリックっていうバンド名を変えようとしてたんだよね
●客席信じる
●なんだか納得いかない團長
●そしてランマ…キラッ
●とちゅう團長の顔汗を飛ばしてもらいたがるファンに
●今日はフジファブリックファンもいるからバカな子だと思われる!
●かわいいお前らがバカだと思われるのは耐えられない
氣志團のCDが落ちてたら踏めっ
隠れキリシタンでいいんだよ!


というあたりでしょうかね…。
細かいことはもっと色々あったけど。
だんちょう!ひろいきれないよ!


あとワンナイ途中のブレイク。
これはナタリーの記事がなかなかと思いますので
ぜひそちらを…。
個人的には「総君もう刈上げしなくなる!」ていうのが
笑えました。
いや、それって別にいいんじゃない?とか思ってしまった。
ダイちゃんがストパーは嫌だけど、
総君の刈上げなしは全然OK。


でまあ練習の出来てる氣志團ファンの実力を見せ付けたところで
ワンナイトカーニバル無事終了。笑




アンコールでは、團長Voで若者の全て。
(としちゃんは光とともにタンバリン持ってた)


團長の右横でギターだけ弾いてうつむく総君見て、
ああ、これがずっと当たり前だったんだよなあと
せつないような懐かしむようななんともいえない
気持ちになりました。
……うむ。



……と、まあグダグダですが、
ほんとこの対バンは楽しかったです!
素敵な夜をありがとう!
三人の若者と六人のおじさん!(&としちゃん!)


最後に自分用にナタリーの記事を貼っとく。
http://natalie.mu/music/news/61255


あとゆずっぷり学園別館さんのレポも
愛溢れてらっしゃるのでわたし用に貼っちゃう。
http://d.hatena.ne.jp/purigaku_bekkan/20111213/1324437667