dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

いつだってこんがらがってる 今だってこんがらがってる


えーと。


えーと。


なんか今日、金澤さんを見ました。
いや、見たような気がする。
見たかもしれない。(だんだん弱気)




つまりは精神と時の部屋での自分の戦いなのでたたむ。




なんでこんなに自信が無いかと言うと、
理由のひとつは私の地元の駅で見かけたからです。
うちの最寄り駅は、ミュージシャンが何か用のありそうな
街じゃないんです。フツーの、乗り換えとかない駅なんです。
これが一番自分の目を信じられない理由。


そして理由のふたつめは話しかけて本人か確かめなかったから。
普段からの自分の瞬発力の無さ(メンタル的な)にがっかりッス。
これは決定力不足にも程がありますねー!


そして理由のみっつめは、私の中のダイちゃん像よりも
その人がシュッ!としていたからです(真顔)。
いやマジで。




でも今、なんだか混乱していて、
一周して冷静なような、やっぱり
わけわからんような感じなんですけども。


えーとまあ、順を追って話しますと、
いつもどおりに電車を降りて、
ぼけーとしながらも足はすたすたと駐輪場へ向かっていたんですが、
その駅から駐輪場の道の途中に本屋があるんですね。
そしたらそこから男の人が出てきたんですけれども、
その人はチューリップハットのような帽子をかぶっていて
そこからふわふわの髪の毛がはみ出していました。
背は私より少し大きいくらいで、なんだか目が綺麗な印象。
ちょっとヒゲが生えてたような気も…?わからん。


で、見た瞬間「ん!?」と思った私ですが、
駅のほうへ向かうらしいダイちゃん(仮)と
駅のほうから来た私はほんの一瞬ですれ違いました。
思わず立ち止まるわたくし。
そして振り返るわたくし。
「まさかな」と結構でかめの声で口走るわたくし。
あっという間にダイちゃん(仮)の背中は去ってゆきました。




でももうこの数時間、記憶を反芻しすぎて磨り減ってきたので、
あの髪型はやっぱりダイちゃんだったということにしておこう。(でも弱気)
ダイちゃんの判定基準が髪型って言うのもあれなんですけど、
でもそりゃあ普段は普通にシュッとするよな。
私のイメージするダイちゃんて言うと、
水玉とか蝶ネクタイとかライブ中でヘロヘロとか、
そういう姿ばっかりなんですけど、
よく考えたら三十路越えだもんな。(おい)
・・・ともかく、なんか気負ってない
お洒落さんを見かけましたということで。




ダイちゃんだったとして、なんで地元の駅にいたかは謎ですが、
そういや昔、地元の駅を通ってる路線で
見かけたって言う話は聞いたことあったなー。
まあ結果、話しかけてないので事実は不明ですが、
次回にそなえてアイドリングだけしておこうかと思います。
(さっと話しかけるアイドリング)(これまた真顔)




あ、今日はちょうど満月ですか?
今日は〜な〜んか〜不思〜議な〜気分さ〜♪