dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

フジフジ富士Q@コニファーフォレスト 後編


書き起こしてみたら相当に長かった……!(ぐったり)
私の記憶は都合よくできているので、
違うところたくさんあると思いますけど、
それはまあそんなこともあるよということで!




ではいよいよ開演!時間通り!






出演順に出演者がオープニング映像で紹介されて、
大地賛頌が流れました。例の(笑)。
舞台上は遠くてなにがなんだかよくわからないけど、
まずはとにかくメンバーと奥田民生が登場!




奥田民生
1.桜の季節 √心に決めたよ


民生さんはもう桜の季節を自分のものにしてる感じですね。
歌いこんでくれている感じがします。
コニファーフォレストで歌う民生さんを見れたことで、
志村に共鳴するような気持ちが起きました。


一曲目が民生さんで本当に良かったなと思います。
なーんでか、それはね(古)、違和感がほとんどなかったんです。
バンドはフジファブリックなのに、
声だけが(おおまかに言えば)違うっていうのは、
普通とても違和感のあることだと思うんです。
でも民生さんのおかげで、後に続くアーティストたちへの
違和感が緩和されたような気がします。私にとっては。


とにかくいよいよ始まった!!
ボルテージ上がってきましたよ!
グッズ販売に並んでる人たちも急いで!




安部コウセイ(HINTO)
2.虹 √週末雨上がって僕は生まれ変わってく
3.モノノケハカランダ


わずか一曲でギターを下ろした民生さんに
会場からは驚きの声。
そしたらダイちゃんが、
「また後で民生さん出てくるから大丈夫ですよ〜」と。
観客納得。


メンバーはそのままで呼び込みをするんですが、
この辺はみんなもゲストもそんなに喋らなかったなー。


ま、ともかく、虹でテンションあがりーの。
モノノケハカランダでさらにテンションあがりーの。
ただ楽しければ楽しいほど、
そこに志村がいないことに空虚感を覚えたりして。
こんなに楽しいのに、これが志村が実現させたかったことなのに、
なんで志村この場にいないんだ?と。




ハナレグミ
4.ダンス2000
5.ルーティーン √さみしいよ そんなこと誰にでも言えないよ


ハナレグミのダンス2000は、おもしろかったですね。
この人も一筋縄ではいかない。
以前、倶楽部AKANEIROハナレグミとフジのダンス2000を聞きましたが、
またこういう形で聞けるとは思ってもみませんでした。


そして何よりルーティーン。
日が少し傾いてきて、その中で聞くルーティーンは
とても素敵でした。
ハナレグミの歌声、本当に良かった。


ただ、ちょっとこれは残念だったんですが、
氣志團ファンがずっとグッズ売り場付近のステージ寄りに
たまっていて、うるさかったんですよね。
(近くの人がスタッフに苦情言ってたなー)
こういう静かめの曲をすると、笑い声が響いてくるんですよ…。
しっとり聞き入りたかったんですが、それだけは今回のライブで
少し残念な点でした。私も氣志團ファンでもあるし。
その後、斉藤和義あたりでいなくなってくれたのでホッ。



まーともかく。
ハナレグミのルーティーンはいまだに耳に残っています。
少し息の抜けた感じの歌い方が、染みました。




クボケンジ(メレンゲ
6.バウムクーヘン
7.赤黄色の金木犀 √期待はずれなほど感傷的にはなりきれず


とうとうきましたよ。メレンゲクボ氏。
遠くから見るクボさんの印象は、
確かに志村に似ていました。
なんだろう。目からおでこにかけて?
ハットかぶってたから余計にそう見えたんでしょうね。
一緒にいると似てくるのか、似てたから一緒にいたのか、
鶏と卵のようなことをちょっと考えてました。



それにしてもバウムクーヘンは、CHRONICLEの中の
代表作のひとつと言ってもいいと思ってるんですが、
歌詞を聴いてると志村の不器用さにいつも目がいきます。
親友のクボさんには本心さらせていたんだろうなあとか思うと、
泣けるって言うのとは違うんですけど、
その曲を歌うクボさんのことをちょっと考えちゃいます。


MCでは、クボさんと志村は
同じマンションに住んでたんですもんね、という
ダイちゃんからの振りに対して、
「あ、同居じゃないですよ、2階と3階にね、一緒に住んでました」
といううっすら天然の匂いがする発言をして、
お客さんからも微妙な笑い声が。


あとここでだったか、
「志村とは親友でした・・・・親友です!」と
言い直していて、直球な言い方にほっこりしました。
まさになんか、ほっこり。


赤黄色の金木犀は、
「もしも過ぎ去りしあなたに すべて伝えられるのならば」
という始まりを聞いて、
クボさんから志村へ歌われている歌のように感じました。
クボさんの歌ってる姿、志村見てるか?


会場も不思議な空気でした。
泣いている人もいたけど、穏やかな夕方でした。
風が気持ちよかったんだよなー。




斉藤和義
8.地平線を越えて
9.笑ってサヨナラ √どうでもいい事ならいいのに


斉藤さんはついたのがぎりぎりだったそうで、
着くときにはもう民生さんの桜の季節が聞こえてたそうです。
そりゃやべー。会場どよめき。


今日のめざましでもやってましたけど、
地平線を越えてを歌った後かな。
「メロは変だしギターはへんてこりんだし…めんどくさい」
と省エネモード発言で会場爆笑。


不思議なんですけど、みんなどのアーティストも
ぴったりな曲を歌ってるんですよね。
ぴったりな曲というか、曲が合って聞こえるっていうか。
最初は上記のとおり民生でよかったなーとか思ってましたが、
それはこっちの緊張をただ解いてくれただけの話で、
誰が歌う歌も、しっくりきていた。


笑ってサヨナラもそれは素敵でした。
ここで来たかー!とじーんとしてました。




ハヤシ(POLYSICS
10.TAIFU
11.B.O.I.P √爆発までは10秒かかるかかからないかなんだ


トイス!!」
と初っ端からかましてくれました。
私も思い切りやったった!
気づけばメンバーもバイザーをつけている!!
なかなかにお似合いですよ(笑)
そしてメンバーからも「トイス!」が。
(あれ?ラブ注入してたのハヤシ氏だっけ?安部コウセイ?)
ダイちゃん、総君のトイス!は見事に決まっていたものの、
加藤さんのトイス!はトイ〜ス!?みたいな、
軽い裏声のような気の抜けたものになってしまってました。
会場みんな脱力(笑)


MCだけじゃないすよ。
TAIFU、B.O.I.P.(Pはハイテンションで)と
怒涛の盛り上がり。
ハヤシ氏はステージに立つのが6ヶ月ぶりくらいらしく
相当溜まってたそうで、これでもかというくらいに
盛り上げてくれました。


個性の濃いフロントマンがフジファブリックには
似合うなーなんてことをぼんやりと。
こんな曲を作る志村の個性ってほんとなんつーか、
濃度が濃すぎますよねー。




藤井フミヤ
12.タイムマシン √大きな声で歌えば届くかとできるだけ歌うんだ
13.若者のすべて


失礼ながら、フミヤが一番心配でした。
選曲が肝だ!!と。
そしたらバラードできてくれて、とても良かったです。


この日もお決まりの息子話をしつつね。
息子がヘッドホンで曲聞きながら、
「飛び出せレイディゴーで踊ろうぜだまらっしゃい」
って歌っているのを聞いて、
「お前それ歌詞とメロディほんとに合ってんの?」って言ったら
「合ってるよ」と返され、実際聞いてみたら
「ホントだ、合ってるよ!」となったというエピソード。
息子さんは、「俺は一生フジファブリックのファンだ!」って
言っていたそうです。私も同じ気持ちですよ。


U.F.O.が見えそうな空ですね、なんてことをフミヤが言うから、
まさかの銀河か!?とヒヤッとしたら(笑)、
若者のすべてでした。みんなで歌ってくださいとのことで、
一緒に口ずさみました。
夕方5時のチャイムが、ってところで時計を見たら、
5時20分くらいだったように記憶してます。
夕焼けの始まった空を眺めました。




氣志團
14.ダンス2000 √意識をして腕を振って
15.茜色の夕日


転換のため10分ほど休憩。
氣志團のドラムが運び込まれているのを見ました。
BE MY BABYをしっかりかけて登場!
(そういえばランマいたな!ひょこひょこしてたな!)


ここではフジのメンバーは出てこず、
氣志團だけでの登場。
ここまでずーっとメンバーは出っ放しでしたからね。大変だ。


氣志團が登場して、まさかの2度目のダンス2000!
ちょっと驚きました!
でも團長曰くの、ダンス2000は志村がOne Night Carnival聞いて、
「ディスコいっすね」と言って作った曲らしいので、
氣志團がやるとしたらこの曲と茜色だろうなと思ってました。
まあ予想が当たるとは思ってなかったですけど(笑)
てか光がテルミンやってたよ!
キーボードなしでよくやったなーとは思ってましたけど!


歌い終わって、團長が、
「歌ってみて思ったけど、こんなに軽快な四つ打ちなのに、
こんなに気が晴れない曲って珍しい」
と言ってましたが確かに!と思って納得(笑)
天辺にいきそうかなーと思うと、でもいかない、みたいなことも
言ってましたね。なんかすごくわかるー。


あとは正彦との思い出トークもあり。
志村の方がバイト先に家が近かったんで、
たまにタイムカードを押してもらっていました(会場爆笑)とかね。
下ネタを振ってもくいついてきたかなーと思ったら
やっぱり食いつかない…ということも言ってました。


そして武田の心ね(笑)
志村が東京に出てきてはじめて作った曲だなんて言ってましたが、
「民生さんと吉井さんが出会ったみたいな曲だった」とか
山梨出身だから武田信玄のことを歌にしたっていってた」とか
そんなようなことを言って会場また爆笑。


ある時志村が田舎に帰るって言うから
じゃああの曲くれって言ったら帰るのやめちゃった、
ということでその「あの曲」、2曲目は茜色の夕日を演奏です。


愛情深いよ。團長。
ギターソロのトミーも、きっと喋らないけど(ここでは)
志村との思い出がいくつもあるんでしょうね。


無責任でいいなラララ、のところ、
團長のかすれた声が、
ライブでいつも声の出てない志村を思い起こさせました。


あとここでこっそり打ち明けますが、
私ハヤシ氏の時のバイザー見て、
フジのメンバーが学ラン着て登場したらどうしよう…!
とか思ってました。
いらん心配(笑)




和田唱TRICERATOPS
16.Strawberry Shortcakes
17.陽炎 √きっと今では無くなったものもたくさんあるだろう


淡々としてるけど怪しいって曲にぴったりの和田さん。
Strawberry Shortcakesのほうは、
まつげのカールが綺麗ねっていうところで
手でカールの動きをしてたところが印象に残ってます。


で、シムシムはあの富士山の天辺にいるんだよ、
ってなことも言ってましたね。
誰のところからだったか、富士山顔を出し始めてました。
ただ残念なことに客席からは見えない!
でも富士山が出てるってこと、
それだけで気持ちが違いますよね。


まあ個人的には、志村は富士山の天辺ほど
遠くにはいないんじゃないかと思ってます。
きっともっと近くで見て聞いてニヤニヤ笑ってるよ。
そう思える空気感でした。


そういえば、MCで「ロックスターやねー」、
「フォー!言うのなんてロックスターかHGくらいだからねー」
とかなんとか言われてましたね(笑)
たしかに言ってた、フォー!って。




で、「特別な曲です」ってことで陽炎。
確かに、私にもすごく特別に聞こえました。
途中志村のいない舞台に何度も涙ぐみそうになったけど、
こらえられたのは富士吉田の空のおかげです。


「キーボード金澤ダイスケ!」って、
いつもの志村と同じように和田さんが
言ってくれてたな。じーん…



(この右のほうに映ってる白い点、虫かな?
ここには何もなかったんですが・・・
はっっ、まさかU.F.O.では!!っていうオチないオチ)





真心ブラザーズ
18.TEENAGER


呼び込みの前に、久しぶりの加トークのコーナー。
いや、今日は加とっちだ!ということで謎かけを。
加藤さんここまでしゃべったの「トイス!」だけだって(笑)。
謎かけのお題は「富士山」で。
3秒くらいで「整いました!」と片手を挙げる加藤さん。
これはあらかじめ予想してたのかな?(と邪推)


「富士山とかけまして、好きな女の子の部屋とときます。
その心は登頂(盗聴)したいのも、やまやまです
……かとっちです!(ポーズ)」


会場は一瞬間があって、「おお〜!」。
私は盗聴の方が5秒くらいわからなくて、??となりました。
いや盗聴て!(笑)
あと個人的には「やまやま」のところもいいなあと思いました。


ってこんなことをやっていたら
真心兄さんたちが待ちきれずに呼び込みする前に
登場しちゃったよ!
しかしなんて安心感!


TEENAGERも盛り上がりました!




真心ブラザーズスカパラホーンズ
19.線香花火 √夏は簡単には終わらないのさ


突然スカパラホーンズが登場して会場大盛り上がり!
やっぱり違いますね!
なんていうんだろう、楽器をふいっと横にそらす仕草が
めちゃくちゃ格好良かった!


あとは、「疲れた顔でうつむいて」のところでYO-KING
がっつりうつむいてたことを覚えてます。
氣志團がダンス2000で腕を振ってたのもありましたが、
私そういうの好きです(笑)


悲しくったってさー悲しくったってさー!
とでっかく響くYO-KINGの声が、
せつなくもちょっと軽快な感じで
なんだか笑顔になってしまいました。




スカパラホーンズ
20.Surfer King


インストバージョンでした!
なので私は歌ってました!
メンバーのコーラスはちゃんと入ってたので
一緒にフフーフフー♪言ってました!
スカパラマジかっこいい。




PUFFY
21.DOKI DOKI
22.Bye Bye √心の中で祈る 幸せでいて


このあたりから、だんだん終盤と言う感じで。
PUFFY姉さんの登場です。
B.O.I.P.Tシャツを着てる!おそろいです!ハイ!(挙手)
蝶ネクタイもしてる!ということで、
ダイちゃんと一緒に物販の宣伝です。
さすがPUFFY姉さん、抜かりない!


曲のほうはDOKI DOKIとBye Bye。
ありがたーい!!(空を仰ぎつつ)
この2曲が生で聴けてとても良かった!
コーラスや演奏をフジファブリックがすると、
本当に「フジファブリック」ですね。


Bye Byeのほうは、
志村に歌詞が実話かどうか聞いたら、
「いやーどうでしょうねー」なんていってたので
実話だなと。泣いたんちゃうん。
なんて言ってました(笑)
あとPUFFYはセルフカバーをちょいちょいされて、
負けるに決まってるから禁止!っていうMCが笑えた。
確かにセルフカバーされてるわ、と(笑)。


で、私はBye Bye聞いたら泣くかも知れん、と
ずっと思ってたんですが、
「晴れ渡った空には大きな入道雲が」っていう
歌詞聴きながらなんとか上を見てごまかしました。
ほんとにやさしい歌ですよ。さわやか。
志村っていろんな曲作ってるんだなあ、としみじみ。




片寄明人(Great3,Chocolat & Akito
23.花 √月と入れ替わり沈みゆく夕日に
24.サボテンレコード √車に乗って夕日に沿って知る人のいないとこにつくまで


片寄さんは、ここ数日のブログ更新のおかげで
すっかり身近な存在になりつつあったわけですが、
ブログ読んでて確かに思い入れのありそうな2曲を
やってくれました。


花とサボテンレコード、両方に夕日という言葉が
入っていることにサボテンレコードの途中で気づきました。
志村って、日常の風景をとても大切にしてたんだなーと
富士吉田の空を見ながら思いました。
綺麗な夕日だ。



(演奏中ではないので勘弁)




吉井和哉
25.マリアとアマゾネス √なんだなんだシビれる声だ ああ怒っているのか
26.Anthem


か、格好良すぎる…!!
ロビンソンと呼び捨てにしてすみませんと言いたくなるくらい(え)。
マリアとアマゾネスの始まり、
マジシビれたっす!!と両手掴んでにじり寄りたい。
そういえば乱入ありましたね。
そんなことも起こるんだ、とびっくりしましたが、
スタッフの対応が早すぎて幻かと思いました(笑)。
何事もなくて何より。


続いてAnthem。
「志村の代わりにはならないけど、
代わりに、歌いたいと思います……三日月!」
と空を指すロビンソン。
そうそう、この日は三日月が出てたんですよ。
片寄さんの「月と入れ替わり沈み行く夕日に」の時には
すでに出てたと思ったんですが、
図ったわけではないんでしょうけれど、粋な演出です。


このメロディを君に捧ぐ
このメロディを君に捧ぐ


いつの間にかサングラスをはずしてたロビンソン。
富士山をじっと見つめながら歌ってました。
きっと心はひとつだったと思います。




くるり
27.Sunny Morning
28.銀河


はい、快晴!で空を見上げます。
見上げてばっかだな!


終わってみれば、加藤さんはギターを弾いてました。


MCでは、
「同じバンドをやってるもんとして、今日のイベントは
うらやましいなと思いながら見てたんですけど」
フジファブリックは今日、日本で一番かっこいいバンドですよ」
「日本で一番輝いてます!」
と会場を沸かせてくれました。
ここでしたっけ、加藤さん泣いてた?
どのタイミングか忘れたけど、
振り返ったとき泣いてたように見えました。


「ラジオで聞いて、なんじゃこりゃ?って思って
聞いたら好きになった曲」ってな感じで、岸田さんから
フリがあって、銀河。
盛大に踊らせてもらいました。




今日は、志村の話は思っていたより全然出なかったです。
実際、追悼っていう雰囲気でもなかった。
でも、歌ってる人たち、いろんな人がいましたけど、
志村のことを思って、フジファブリックのことを思って
歌ってくれているのはしっかり伝わってきました。
今日と言う日を共有できて良かった、そう思いました。






アンコール
29.会いに


いつもはアルバムができるとお披露目ツアーを
やっていたわけですけれども、
今回はどうするのかなとうっすら思ってました。
アルバムは完成したわけだし。
だからここで一曲はお披露目あるだろうとは
思っていたんですが、期待度の高い、
「会いに」をやってくれました。


はっきり言って、緊張しちゃいました!
総君の必死さが伝わってきそうな気がして!
勝手に私まで緊張してました(笑)


でもいい歌でした。
この後、民生さんとの茜色の夕日で
ギターを弾く総君を見て、
やっぱりギターに集中しているときのほうが
輝いて見えるように思ったんですが、
たぶんそれはそれで当然のことですよね。
今までずっとギタリストだったんですから。
メインボーカル初なわけで。
でも志村よりもとっつきやすくて、
見た目普通にバンドのボーカルっぽいな、などと
もしかしたら志村が傷つきそうなことを考えてました(笑)




んー、このときはなんか頭の中は許容量オーバーで、
細かいこと覚えていないんですけど、
フジファブリックが新しい一歩を踏み出した瞬間を
共有したということだけははっきりわかりました。
ライトの眩しさとか、きっと一生忘れない。




奥田民生
30.茜色の夕日


カウントダウンでは声を詰まらせていたという茜色の夕日。
力強く歌ってくれました。顧問が(笑)。
特に言葉にするまでもなく、いい歌だった。
ずっと泣くの我慢してたんですが、
君のその小さな目から、のくだりで
思わず涙こぼしてしまいました。
この日タオル買ってたらやばかったですよ、たぶん。
だいぶ序盤から泣いてたと思います。
タオルがなかったからこそここまで我慢できた(笑)



そして最後の花火です。
花火が打ちあがるだろうとは思ってましたが、
泣いててそんなことすっかり忘却のかなた。
打ちあがった瞬間驚いちゃいました。
綺麗でしたね〜。
「何年経っても思い出してしまうな」って
みんな心の中で呟いたんじゃないかなーと思いました。
もしくは「打ち上げ花火を打った!」(にやり)




そしてエンドロール。
出演者と志村、フジファブリックの写真が流れます。
いい映像だった。さすがスミス。


終わってみれば、あっという間の4時間でした。
2曲ずつって言うのは少ないように思っていましたが、
きっちり8時に終わり。時間配分さすがだなー。
そういやメンバーは開演中、しきりに観客の体調を気遣ってました。
屋台からのソースのにおいをかぎつつね(笑)
私はおかげさまで快適に過ごせましたよ〜。




天気がとても良くて、富士山も晴れ渡って見えて、
音楽があって、志村への思いがある。
楽しい楽しいイベントでした。
終わってみれば、寂しさや虚脱感が残るんではないかと
心配していたんですが、そんなことなかった。
序盤は演奏中、楽しいほどに志村がいないことへの
志村の歌が聞けないことの悲しさが募りましたが、
いろんなアーティストのいろんな歌を聞いていくうちに、
そういうものが昇華されて行く気がしました。


惜しむ気持ちは多分にあるよ。
でも、志村が志したこの場所に集って、
新しく進み始めたフジファブリックを見て、
惜しんでいるだけじゃ何にもならないと思いました。
それにきっと今日のイベントは、
志村の想像以上にすばらしいものだったんじゃないかな。


いつか志村シートの中から、
「あの日ここでフジファブリックの演奏を聞いて…」
っていう子が現れるといいですね。




フジファブリック、ありがとう!
言い足りない分はこれから返していく!