dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

告白


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)


会社の人に貸してもらって、
あっという間に読んでしまった。
口語体、と一口で言うのも違うんですが、
勢いがある文章ですねえ。


TRICKやらのだめやらで映画館に行ったとき、
この予告が何度か流れていましたが、
予告だけでも気になるイントロでした。
この本は松たか子イメージで読んだ。


以下ネタバレあるアルよ。




人によって物事の捉え方は千差万別だってことを
作者は伝えたかったのか?ってのが読んでのひとくち感想です。
ほんとにざっとスピード出して読んだので、
深く読みこめてはいないんですけど。


貸してくれた方は、
「どんよりして後を引く。でもずっと印象に残る本」
と仰ってたんですが、
私にはそれほど不快感が後を引くものではなかったです。
読み込めてない証拠かもしれません。


最後のシーンはやっぱりミステリらしく、
衝撃的な終わり方をするんですが、
森口先生は本当に容赦がないですね。
最後の電話の言葉を鵜呑みにするならば、
一番無関係な人を巻き込んでいるのは
森口先生ってことだな〜と考えると悶々。
みんなホントに自己中心的です。
それが切り取られて一冊の本になっている印象でした。


ともかく面白かったですよ。
ただ私には娯楽にはならないかなー。
映画のレビューを拝見すると、
小説読んでから映画を見るとすっきりするらしい。
それを聞いたら俄然見る気が漲ってきた!