dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

TEENAGER


うおお!
公式サイトもうリニューアルしてる!
早いなー!
なんか、まだ前のサイトに対する未練があるんですけど、
新しいサイトを探索するのは楽しみです。
新居の部屋のドアを空けてく感じで。
カミングスーンなとこも楽しみ。




そういえば、


フジファブリック+デコボコ+どこが


で検索して来られた方がいました。
僕と握手。(がっしり)


ほんじゃまあ、今日はまったり適当な曲についてでも。




1:ペダル

今までフジファブリックのアルバムの一曲目は
アッパーチューンが多かったように思いますが、
それとはうって変わり、こういう曲から始まるところが、
今作のフジファブリックの決意の表れのような気がします。
冒頭からドラマチックに疾走するのではなく、
一歩一歩ゆっくり歩き出すかのように曲が始まります。
そういう始まりかたが、何気ない日常生活とリンクしているとこが
リアルだと自分でも思います。


と志村が解説していますが、
今までのアルバムの一曲目は
桜の季節とモノノケハカランダですから、
確かにイントロが強烈な2曲ですね。


でもペダルの始まり方も
結構ドラマチックじゃないかと思います。
そら強烈ではないけど、なんていうのかな、
志村の言うところの、何気ない日常なりの
期待感ていうやつでしょうか。


これは、午前中(10時くらい)に聞きたい感じの歌です。
フジには珍しく。




2:記念写真


これも山内さん作曲だとは。
予想外です。
でも詞が結構くさいですね。
くさいっていうか、ぼかしてないというか。
ベースボールは終わらないとなんとなく
似たような匂いがします。


「君はなんでいつもそんな無理に笑うの」とか
志村に歌われるとは思ってもみなかった。




3:B.O.I.P.


一度も考えなかったんですけど、
このタイトルの意味ってあるんですね。
いつか明かしてくれるのを待って、
自分では想像しないでおこうと思います。
志村の思い通りになってやるものか!という。


この曲聴きながら掃除機をかけると、
大変力が入って楽しく出来るということが
今日わかりました。




4:若者のすべて


シングルのときいやというほど聞いたので、
今のところ特に。
B.O.I.P.のあと、一息いれるという感じです。




5:Chocolate Panic


Aメロのところが大好きです。
ヒッピーになって荒野を裸で歩きたくなる
なんてイカレたことを言う、
のあたりですね。
Aメロは志村が作ったそうですが、
だからといって特に嬉しい気持ちはわいてきません。
確かファンのはずなんですが、その辺は別らしい。
とにかく、この曲は是非ライブで聴いてみたいです。




6:Strawberry Shortcakes


サビがこれまた大好きです。
試聴のときは、わー怪しげー!と思ったくらいで、
特別ずきゅんとは来なかったんですが、
アルバムで聴いたら、サビの歌詞とメロディが
頭から離れなくなりました。




7:Surfer King


フフフフ・・・・のところがサビだとは知りませんでした。
真冬に聞いてもテンションの上がる歌だということが、
昨日雪の中で聴いてわかりました。




8:ロマネ


なんか野音の時のロマネのほうが評判が良いんだか
半音上がったんだかなんなんだかわからないですが、
正直どっちゃでもいい人です。
聞かせ甲斐がなくてすいません、という感じです。
どっちでも好きです。
そういえば、オーライ君が呼んでいる、のところの歌詞が
ようやくわかって、とても今気分が良いです。




9:パッション・フルーツ


なんでわたしシングル買わなかったんだろう、
というくらい聴きまくっています。


ライブのときにもあったりした、手拍子。
アレをサビではやりたくなります。横揺れしつつ。
刷り込まれたかな?




10:東京炎上


一回蒼い鳥の方聴いて見ましたが、
どこが違うのか全くわかりません。
くよくよ。(嘘つけ)
なんとなくこっちのほうがソフトな感じはするんだけど
ぜーんぜんわからん。




11:まばたき


山内さんの作る曲って、こういうイメージです。
たぶん、水飴と綿飴のイメージががっちりあるからですかね。
でも、水飴と綿飴より、個人的にはずっと好きです。




12:星降る夜になったら

金澤君は顔に似合わずメロディアスな曲をよく書きます。


志村、ユートゥー。




13:TEENAGER


タイトルに相応しく素敵な曲だと思います。
聴いててとても楽しい。





さ、とりあえずニューサイト探索をしてこようかな。