dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

ひとりサウスケ祭り☆その1


サウスケについて熱く騒げるのもあと一週間も無いので、
ここぞとばかりに一人で燃え上がってみようと思います。
思いのたけを、ぶつけよーう!




ピーターパン・シンドローム

ピーターパン・シンドローム




はいっ、というわけでございましてね。
やっぱり一番打者はピーターパン・シンドロームです。


私はこの曲でサウスケを知りました。
ありがとう、TVK。ありがとうsakusaku
TVKにはサウスケのPV関連で最後までお世話になりました。
これからもよろしく・・・て話がTVKに逸れた。


思いのたけをぶつけよーう!と騒いだ割に、
レビューみたいなのは全然かけないんで、
好きな部分を好きなだけ挙げていこうかと思います。




えーと、私はこの曲の始まり方が好きです。
ドラムのリズムが変わるまでの、少しずつ音が増えてく感が好きです。
御大来たーーー!と思います。(嘘)


でもこの曲、ギター弾きながら歌うの難しくないですか?
手はあのリズムで弾きながら、
声は違うタイミングで歌わなきゃならないですよねえ。
慣れればできるもんなのかなー。
大石がすごいのか私がだめなのかって話ですね。




あとここ好きって方多いんじゃないかと思うんですが、

UFOが見えたとか月の表裏が逆だとか
当たり前のように声を張り上げていたんだ

のとこ好きです。
言うたらサビの歌詞は全部好きよ。
他には

わけもわからず大人になっていく
境界線などどこにもない
〜〜〜
どういう未来を待ってる
ねえどういう明日を夢見てる
高鳴りはそう強く あの頃より強く

とかも、まだ学生の自分が聞くと色々考えたくもなります。
なんか大石がフォトパンフレットで、
ストーリー+メッセージ性を意識したみたいなこと言ってましたけど、
言われてみりゃあそうかもしれないと思いました。
1stアルバムは、こういう感じのメッセージはなかったかも・・・
と思ったけど全部確認したわけじゃないからわからんです。(しろよ)




そうだあと、やっぱこの曲は帰りの電車とかで聞くとピッタリですよね。
そのまんま過ぎる感もしますけど、これからの時期ピッタリ。
終電車は決して見送らないけどね。
なんかこれ聞いてると、ひとりでちょっと気障っぽい気持ちになります。フッ。




あとはこの曲のPVも「要チェックや!」です。
裏ピースは惜しくも出てないですが、
PV集の副音声を聞きながらだと、とても楽しく見れます。
そういえば初回限定版にはCDエクストラが付いてたんだそうですね。
PVが見れたっていうのはこれの事なのかな。
まーいいや。(おい)




あと外せないのは、


PalaPalaPa PaPa PalaPaPa♪です。


これ、こないだのライブで歌った時ほんとに楽しくてどうしようかと思った。
毎回見ていた沖君の唇を見る余裕もないくらい楽しかった。












はいっ、次はカップリングの『人の子ふたり』です。

山がなんだ谷がなんだビルがなんだ
全て平らにして一歩一歩進んでくよ


これまた耳に残るメロディーです。
サウスケはバラードもすごく素敵だけど、
こういう歌をやる時もまたすごく生き生きしてますよね。


なんていうんだろうなーこういうの。
ちょっと殺伐としてる感じもするけど、
まだまだ甘っちょろい感じもする。




御大曰く、(←すごい偉い人みたい!)
凄く演奏が難しい曲だそうですが、
ライブで聴きたかったなと思う一曲であります。


・・・そういえばライブで聴いたことなかったなあ。
残念といえば残念だけど、
ライブで聞けなかったからといって曲が響かないわけではないから、
まあいいやとも思います。
言ってるうちに悔しくなりそうなのでこの辺でやめときます(根性なし)。