読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

次の約束なくたって 別の道を歩いたって


「解散します」
「会社にします」じゃなくて? (←ドラマの見すぎだよ)





(3回も強制終了されたので、感傷的な部分はなるたけ端折って書きます。)




現実は予想よりも厳しかった。
「するとしても移籍でしょ?」とか甘い考えを持っていた。
予想と言うよりも、希望だったかもしれないけど。




サウスケの解散で一番悲しいと思うのは、
新曲を聴けないことよりも三人の立つステージをもう見れないこと。
あんな心地良い空間、ほんと得がたい。


ああ、もう大石のあの気持ちよさそうな顔が見れないんだーとか、
沖君のつむじがどこかすらわからない髪型も見れないんだーとか、
川原君の素晴らしい突っ込みも生じゃ聞けないんだーとか、
そういうどうでもいいようでよくないことがいっぱいあって、
解散はもうどうしようもなく残念で、勿体無いことだと思います。


ぶっちゃければ、
「まだ私サウスケのこと3回しか見ていないのに!」
ってのが大きい。
まだまだ、これからも生活の隣にあると思ってたのに。


そういうわけで御大・川原のコメントを読んだときはグッときました。
何この人・・・そういう思いまでファンに伝えてくれちゃうわけ・・・と思って。


でも、どうにか解散だけは回避できなかったのかとか、
そういうのはどうしたって残ります。
巡業が少なすぎる!とかね。






ええ、大石のこれからも追いかけていくのかとか、
そういうことはまだ考えていません。
とりあえず9月のファイナルを目に焼き付ける。
や、目だけじゃなく耳にも体にもだな。
忘れっぽい私が、極限への挑戦ですよ(笑)


いつもポケーと大石の顔ばっかり見てる私が、
いったいどこまで覚えていられるのかと言う。




・・・それにまだ実は希望を捨てていないんだ。
いや、解散は解散として受け止めているけれど、
いつか復活してくれるんじゃないかっていう小さな希望を持ってたりするんです。
「解散はありえない」と言ってた大石が
「解散します」って言ってるからってわけじゃないんですよ(苦笑)
川原君や沖君の文章を読んで、その気持ちの大きさと言うか確かさを感じて、
もしかしたらいつか、って思えるんです。
でも別に復活しなかったらもうダメだとかそういうわけじゃありません。
ただ、ちょっとでもそういう希望は持っていたいですよ。ファンとしては。






えーとまあそういう小さな希望というより願望の話とか
感傷的な雰囲気は置いておいて、現実的な話をすると、
今度のライブのチケットが取れるのかって言うところが
すごく不安だったりして。(これが一番の本音)
今まで行かなかった人たちも行くだろうし。
あーファンクラブ入っておけば良かったー!
入り損ねて今までずっと来たんだよーおうおう!


でも何としても行くぜ!
ヤフオクに手を出したって行くぜ!