dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

遅出し大宮レポ(2006/4/4)


横アリ行ってレポ書こうとしてたら、
昔の書き途中の大宮レポが出てきたので、
ちょろっと出してみます。
以下、当時の文章そのままなので、色々宜しくお願いします。






レポとか書く気力がのこっておりませーん。
でも書きます。(どっちだよ!)
あとから補填していくという形式で行きたいと思います。
え、いつもそうじゃないかって?


あ、ネタばれバリバリしてるんで、
気をつけてくださいな!
でも、(?)とか(たぶん)のオンパレードなので、
見てもあんまり得るものはないかなと。





なんだか覚えようという気が全くなかったので、
やった順番とか全然覚えてません。
それは誰か別の人が覚えててくれるかなと思って。
・・・早速DIY精神に亀裂が入ってますねコレ。




■オープニング by GTOC
舞台左端、私の席から直線距離で5mくらいのところに、
文夫ならぬ、GREAT TEACHER ONITSUKA CHIHIROが現れた!(ドラクエ
鬼束先生は、「The」はいらんのかね。TGTOC。


文夫はああいう役やらせたらピカイチだな!
と感心しながら見ていたくせに、
何を喋ったかは今ひとつ覚えていません!(またかよ!)




■映像〜スクールウォーズ
トミーがラグビー部の部長だったり、
ユッキがマネージャーだったり、
松が金八だったりしました。
他の人については覚えt(略)。




■夢見る頃を過ぎても
ドームのときみたいに、センター後方が割れて氣志團登場。
浮かび上がるシルエット。
きゃー!ランマのシルエットが素敵ー!
とかイカレた事を思いながらどきどき。
あ、新型学ランも素敵でしたよ。


夢見る頃を過ぎてもは、GIGの回数を増やすごとに
どんどん好きになっていきます。
他の曲に比べてそれがものすごく顕著で、
自分のことながらなんとも嬉しい限り。




■勇気
この曲大好きなんですが、なんだかフリが今ひとつ掴めなくて、
ちょっと消化不良感がありました。
それでもやっぱ好っきゃねん。




■ゴッド・スピード・ユー
曲順に自信なし。
ゴッスピはホントテンションあがりますね。
あっ、ちゃんとランマの姿も見てましたよ!




■MC
えーと、自己紹介。
トミー→生徒会長&ラグビー部部長(?)
ユッキ→茶道部部長
松→空手部主将
ランマ→飼育委員長(だっけ?)
光→理解不能
團長→帰宅部


ユッキがものすごくハイテンションだったのを受けて、
團長が「大宮の人たちは優しいな〜」って言ってたのはこの辺だったかな。



そういえば大宮の雰囲気は、
どっちかといえば大人しい方だったかもしれないなーと思いました。
アットホームな感じ。(え)




■21世紀パラダイム
ランマばかり見てました!
ランマ:松:團長=6:2:2くらいで見てたような気がします。
でもつい團長を見ちゃったりするんですよねー。
・・・って團長見たっていいじゃないか。
これ、ハモリは松っちゃんでしたっけ?




■中の島大橋ブルーズ
星ば〜かり〜見〜てたね〜♪


はいっ。というわけでランマばかり見ていました。(再)
なんだか、早乙女さんとユッキを全然見てなかったなあ。
見てはいたけど覚えてないとも言う。


ここの曲順だけは確かですよ。
グランマ!と思いながら焼き付けたので。




■萌え萌えROCK'N'ROLL
お前たちも一緒に踊ってくれ!という團長の煽りから始まりました。
80年代的な衣装をまとった、華やかなダンサーの皆さんが登場。
ダンスが可愛かったですね〜。
ここはちゃんと早乙女君を見てました。
ちゃんとしたフリは「お前に萌え萌え」の部分しか覚えてませんけど。


團長の語り部分、
「今夜は来てくれてありがとう、マブで嬉しいよ」
っていうのを、歌詞というよりは、
ほんとの團長の言葉として言ってましたねえ。
ちょっと「うおっ、そう来たか!」と思いました。
Shall we dance?」も、冒頭の台詞と掛けて言ってたみたいですし。




■寸劇
曲が終わって、
ダンスをしてたメンバーを紹介しようということになりました。
そこに出てきたまりこちゃん。(あってるかどうか不安なので仮名)
團長が「何だこれ?」とか言いながら、
まりこちゃんの背中についてた赤い紙をぺりっとはがします。
あ、あ、赤札だーーーー!
ってな具合に周りのメンバー一斉に逃げていきます。


光。あいつはすばしこいですからね。
ゆっきの逃げ方は面白いです。足の上げ方が素敵。
松。やっぱり逃亡。関西弁?
ランマ。「次は俺の番だからちゃんと準備しないと!」ってな具合に
ちゃんとギターを置いてからひょろひょろ逃げます。ぬかりはないね!
トミー。生徒会長のくせに逃げた!
ギター持ったまま逃げた!でもそのほうが正しい図だね!(対ランマ)


あたふたするまりこちゃん(仮名)。
まりこちゃん(仮名)の後ろをとてとてついてまわる團長。
会場からは「かわいー!」の声。
いや、わかってやってるよあいつは!(笑)



あ、言い忘れましたけど、
ランマが古畑任三郎の真似をしてたのもこのコーナーでしたね。
逃げてく前に。
古畑だって、音楽が流れる前にちゃんとわかったデスヨ!
だから元気出せよランマ!(は?)




次回、「Sフォーの回」に続く〜。








・・・・と言って続きません。
発掘してみたらここまでしか書いてなかった。
ここで力尽きたようです。
細かい事は全然覚えてないので、その後の諸々は横アリレポに書きます。
その後の諸々って言っても、セットリストのことになりますが。