dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

TRICK2時間SP

不完全燃焼!(朗らかに)


前に映画見たときも思ったんですけど、
やっぱりトリックは連ドラの方が楽しいですね。
2時間の尺の中に入れようと思うと、
どうしても謎解き中心になっちゃって、
くすぐりが今ひとつたりなかったというか。
むしろ矢部の出演時間が少なすぎたと言うか。
いやむしろ里見の出演時間の少なさに反比例する存在感に驚いたと言うか。
でも一番の不完全燃焼原因は、
エンディングテーマが鬼束ちひろじゃなかったことです。團長!ちひろ今どうしてる?


上田と山田は相変わらずでしたね。
でも、上田の山田に対する態度が、少し優しくなったような気がしました。
さすがプロポーズしただけのことはある!
水かけっこなんかしちゃって!(違う)


あ、上でくすぐりが足りなかったとか言ってますけど、
お話の中には、ちゃんとたくさんちりばめられています。
連ドラと比較するのが間違っていますよね。
ええと、覚えてるのをあげると、
「毎度スクランブル」とか
「よっこいしょういち」とか
「スーパー 神 おがんで」とか
ウヌャニュペェィギュゥリュ星人」とか(正しい正式名称を知りたい方は公式HPへ?)
懐かしの「ばんなそかな!」とかですかね。
あとはらんどが、矢部に殴られた時に「ありがとうございます!」って
言ってるのを聞いて、ちょっと嬉しかったです。
部下〜〜!と思って。


もちろん他にも色々面白い所はあったんですが、
なんかお話が今回は結構シリアスモードだったので、
ちょっとあまり細かいとこまで覚えてません。あちゃー。


ま、DVD出たら見ましょうねー。
堤監督はそういうのちょくちょくやる人なんですかね。
前、IWGPスープの回の時もそんなこと言ってたような気がしますが。
・・・あれは堤監督ですよね?


+++


劇場版2のあらすじ見ましたけど、
面白そうですね!
「そこそこのスケールで」ってのがいい。
あとTRICKならではの「南海の孤島」というキーワードにもときめきます。


そうそう、TRICKの特徴としては、
不思議な力の存在を完全否定はしていないというのがありますが、
今回のSPでは珍しく完全否定でしたね。
何シリーズだかの終わりでは、
奈緒子自身にも不思議な力があるようなことも言ってたりしましたけど、
そういうのが、この映画ではちょっと描かれていそうで楽しみです。