dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

ああ、フジファブリックね

いつもフジフジよんでると、
フジファブリックってのに新鮮さを覚えます。


はい。昨日の続きのFAB FOX。
一瞬FAB BOXかと思ってしまいました。


■モノノケハカランダ
冒頭からちょっとTAIFUを思わせますね。
しかしこの歌詞を見たときの衝撃といったら!


「獣の俺 轟け! もうモノノケ ノケノケ!」


えええ!すごい勢いだ!


■唇のソレ
「Sunny Morning」、「銀河」とまたテンポよく続いてきて、
4発目が「唇のソレ」。
歌詞にもちらりとありますけど、レース調ですね。親しみやすい。
ふと気付くと、「Oh 世界の景色はバラ色〜」とか口ずさんでたりします。
そして「地平線を越えて」に向けてすこーしずつ怪しさを溜めていきます。


■地平線を越えて
「靄がかかった空 澱む月 押し寄せる波の中に立とう」の部分は、
志村が火星か地底かどこか別の所から来た人じゃないかと思ってしまった。
映画だったら絶対、黄泉の世界とかそういうシーンだよ。


■ベースボールは終わらない
切ないねえ。(アカネイロラジオのまね)


「マリアとアマゾネス」からの落差がすごいですね。
日曜日の午後を思わせる始まり方で。
やーなんかほんと癒された。
フジで癒されたのなんて久しぶりだ。(私の場合)




特に気になったのだけ書いておきました。
わたしのためのメモと化しています。
途中でごはん食べたりしていたら、
すっかり後半何書こうとしていたのか忘れたので、
まあここで終了と言うことで。ええ。
多分、Birthdayが明るかったとか、虹にときめいたとか、
そういうことを書こうとしてたんだと思います。


ん〜、なんにも中身が無いですが、
まあ、それがここの基本スタンスってことですいません。


追記:そうそう、「銀河」がこのアルバムに入ると普通だったことにも驚き!