dayDripper

フジファブリックを主とした音楽についての諸々

にゃんにゃん

噂のBRIDGEをちらりと立ち読んできました。
銀杏峯田とサンボ山口が表紙を飾ってる例のヤツです。
長かった。
ああ、文章が長かった。
でも銀杏峯田もサンボ山口もよく撮れてたと思いますよ。(偉そうに)
勘違い?
素敵じゃないか。


立ち読むのやめて買おうかなと思ったんだけれども、
ちょっと5千円札を崩したくなくて今日はやめました。ショボくてごめん。


で、立ち読みなのでそんなにずっと読んでいられないから、
ぱらぱらと次の藤原に移りました。
ああ、これがあの「貴公子のような」?
ほーう。なるほど。


「憧れてたものに手が届いてしまった」


プラネタリウムについて語ってたと思うけれど、
ほんとちら見なのであてにしないで欲しい。


他にはマンドリンがしっくり馴染んでどうのとか、
「Stage of the ground」は四畳半で作られたのがこうのとか、
いろんなこと言ってたんだけれど、こちらもあんまり記憶になし。
つくづく立ち読みに向かない脳構造です。


買ってきてちゃんと読もうぜ、もう。




マイメモ。
GiGSについても書くぞー。おー。